食品衛生自治指導員


   
<食品衛生自治指導員制度>

会員施設の食品衛生向上と自主的衛生管理の確立のため 昭和26年に創設されました。食品衛生自治指導員養成講習会受講者の中から、江戸川 区食品衛生協会会長の推薦により東京都食品衛生協会会長の委嘱を受けて任命されます。 食品衛生自治指導員は、保健所並びに食品衛生推進員と密接な連絡を保ち関係営業者 (担当施設)及び消費者を対象として下記の活動を行っています。

  1. 関係営業者の各種のよき相談者として活動
2. 食品衛生の向上についての指導・助言を実施
3. 食品衛生に関わる最新情報を掲載した「食品衛生責任者お知らせ版」の配布
4. 許認可申請の手続きの指導
5. その他
 
   



   
  指導員手帳・バッジ・プレート・シール・表
   
   
自治指導員手帳・バッジ・プレートは、食品衛生自治指導員の資格を取得した者に 交付されます。食品衛生の向上と食品衛生知識の普及向上を図ることを目的として設けられた食品衛生自治指導員の活動が、円滑に実行されるためにつくられたものです。   『自主管理点検済みシール』と『食品衛生巡回指導実施済シール』は、日頃、又は6月に行われる食品衛生自主管理強調週間に食品衛生自治指導員が各店舗を回り、衛生管理をチェックした後に渡されるものです。同時に『自主管理点検表』も配布されます。
   




      【自治指導についてのお問い合わせ】
一般社団法人東京都食品衛生協会 銀座総合事務所 中央区銀座2-10-18 東京都中小企業会館4F
受付時間 月~金 10:00~17:00 TEL 03-3542-0161  FAX 03-3542-0164
     



   
Copyright (C) since 2014 江戸川区食品衛生協会. All Rights Reserved.